給湯器の劣化に際して

給湯器の買い替え時期

給湯器の返品に関する情報

  • 給湯器の工事とは
  • 給湯器も経年劣化します。

    自宅のお風呂のお湯の温度がなかなか上がらなくなってきたといった場合、給湯器が経年劣化していることが原因となっていることがあります。業者に出張してもらい調べてもらうと、長年使用してきたものであれば、買い替えの時期だと診断されることもあります。購入した自宅であれば自分で修理を依頼し、取り替えてもらうしかありませんが、賃貸などで借りている場合は、勝手に修理を依頼しないで、家主や管理会社に問い合わせましょう。賃貸などでの給湯器の経年劣化なら、自己負担なしに新しいものに取り替えてもらえるはずです。家主側が決める業者に依頼しなければならないので、まずは相談してみましょう。

    給湯器には経年劣化があります

    給湯器にはメーカーごとに設計標準使用期間があります。これは、メーカーが使用試験などを踏まえた上で、製造年月から安全に使える期間を表示したものです。もちろん設計標準使用期間を超えたからといって、すぐに壊れたり使えにくくなったりするものではありません。しかし、給湯器には経年劣化などによる寿命があります。標準使用期間を超えると修理が難しかったり、修理料金が割高になったりします。経年劣化による故障などの場合、修理するよりも新しい物に買い替えたほうが、コストパフォーマンス的にはお得になるケースがあります。